2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築確認は平塚市が担当

■ 自治体も見逃す 平塚市が建築確認

神奈川県平塚市のビジネスホテルの耐震強度が不足していることが24日わかった。
建築時に構造計算を担当したのは姉歯建築設計事務所で、耐震強度が偽装された疑いが高い。
建築確認は平塚市が担当していた。民間検査機関に加えて行政が偽装を見逃した疑いがあり、建築確認制度への信頼性はさらに揺らぐことになる。
大蔵律子市長は「構造計算書は約10センチもの分厚い書類で、3週間でチェックするのは厳しい」と釈明している。

「悪いのは改ざん」平塚市会見




▲ 東京新聞 2005年11月26日(土)
画像をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。