2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館分館設置は出店阻止が目的で違法

図書館開設はパチンコ出店妨害」国分寺市に賠償命令

東京都国分寺市にパチンコ店を開く予定だった静岡県の企業などが、市に妨害されたとして計約14億円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁は19日、約3億3400万円を支払うよう同市に命じた。志田原信三裁判長は「市は開業予定地の隣に図書館を開設し、出店を阻んだ」と認めた。都条例は「図書館から50メートル未満の場所ではパチンコ店を営業できない」としている。

判決によると、浜松市の「浜友観光」は2006年7月、国分寺市内にパチンコ店を出すため、店舗用に2階建ての建物を借りる契約を不動産会社と結んだ。しかし開業準備中に、同市がこの建物の隣の建物に図書館の分館を開設した。

市は裁判で「図書館の設置は以前からのまちづくり構想に基づくものだった」と主張。しかし判決は「分館設置は出店阻止が目的で違法」と退け、浜友観光と不動産会社が出店で得られるはずだった利益などの支払いを命じた。

国分寺市は「判決内容をよく確認し、今後の対応を協議するのでコメントは控える」としている。

▲朝日新聞 2013年7月19日
http://www.asahi.com/national/update/0720/TKY201307190494.html

■パチンコ出店阻止は違法=国分寺市に3億円賠償命令-東京地裁

東京都国分寺市がJR国分寺駅前へのパチンコ店出店を阻止するため、隣接地に図書館分館を設置 したのは違法として、静岡県のパチンコ店経営会社などが同市に損害賠償を求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。志田原信三裁判長は「社会的相当性 を逸脱する行為で違法」として、同市に約3億3400万円の支払いを命じた。
風営法などは、図書館から50メートル未満でのパチンコ店営業を禁じており、志田原裁判長は「市側が出店を阻止するため、隣接地に図書館分館を設置できるよう条例を改正した」と認定した。
また、「(周辺には)他のパチンコ店も存在しているのに、この店の出店だけを阻止する合理的理由もない」と指摘した。
市側は「分館設置は市民の要望に応えるためだ」などと反論していた。

▲時事通信 2013年7月19日
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013071900913

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。