2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型戸建て分譲地で住民と事業者共同で景観計画

■大型戸建て分譲地で住民と事業者共同で景観計画

積水ハウスと大和ハウス工業は5月11日、両社が共同で手掛けた千葉県市原市の戸建分譲地「かずさの杜 ちはら台」(全326区画)で、景観計画が施行されたと発表した。良好な景観まちづくりを進めるため、建築物の色彩や屋根の勾配、壁面後退距離、沿道の緑化などの基準を定めた。

同計画は、入居済みの全世帯と2社が共同で景観法に基づく景観計画素案を提案。市原市景観審議会での承認を経て、同市の景観計画として4月1日から施行された。住民と事業者による素案を基に地方公共団体が景観計画を施行したのは全国初という。

△朝日新聞 2011年5月11日(水)
http://www.asahi.com/housing/jutaku-s/JSN201105110005.html

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。