FC2ブログ

2020-04

景観条例適用第1号のコミュニティ真鶴でもてなす

■町のファンを「ふるさと町民」として「貴船まつり」に招待へ 真鶴町

真鶴町最大のイベント「貴船まつり」が開かれる27、28の両日、町民グループ「海緑鳥(うみどり)」と町は、町外の真鶴ファン「ふるさと町民」を招待する。景観重視のまちづくりを進める「美の町」の魅力を伝え、交流の機会にしたい考えだ。

町は2008年12月から2009年3月にかけて、(1)ふるさと納税制度(2)ふるさと町民制度(3)空地(あきち)空家(あきや)情報発信事業―を3本柱とした活性化プロジェクトをスタートさせた。(1)は基金への寄付金を募り、(2)は年会費3千円で町内施設の特典を受けられる制度。

同グループは(1)の寄付者と(2)の登録者で、県内外の「ふるさと町民」計約130人に招待状を発送。町立コミュニティ真鶴(同町真鶴)を「お休み処 (どころ)」として、全国の先駆けとなった町景観条例や貴船まつりを紹介する。地魚をふんだんに使った特製ランチも振る舞う。

「大都市にない小さな町の魅力をアピールしたい」とグループメンバーの青木和美さん。町は「景観条例適用第1号のコミュニティ真鶴でもてなしたい」としている。

▲カナロコ by 神奈川新聞 2010年7月16日(木)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F