2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6メートルの「自由の女神像」周囲の景観と不調和

■函館・元町「自由の女神」!? 高さ6メートル 市など「景観乱す」

0610_hakodate
函館市元町の二十間坂の上に設置された自由の女神像。右手奥はカトリック元町教会

歴史的建造物が立ち並ぶ函館市元町の二十間坂の上に、函館市内の海産物販売業者が高さ6メートルの「自由の女神像」を設置、函館市は9日、市都市景観条例に基づき、届け出を指導した。市は「女神像が周囲の景観と不調和」として今後、撤去を含む是正を求める方針。業者側も応じる意向を示している。

女神像を設置したのはカニ卸問屋のマルキタ北村水産(北村暢一社長)。8日の元町店(函館市元町17)オープンに合わせ、敷地内に繊維強化プラスチック(FRP)製の「二十間坂の女神」を設置した。

この一帯はハリストス正教会やカトリック元町教会、函館山ロープウェイ乗り場などがある観光エリアで、市は都市景観形成地域に指定、歴史的建造物の保存や道路整備などに努めている。5日の女神像設置後、市には「地域の景観にそぐわない」などの苦情が相次ぎ、9日には地元町会から撤去を求める要望書が出された。

都市景観形成地域での「工作物」の設置は届け出が必要だが、女神像は届け出されておらず、市は9日、同社に対し文書で指導した。市は女神像が「周囲の景観に不調和」とみており、今後、届け出を受けた上で、撤去も含め是正について協議する方針。

北村社長は「店の2階を無料で市民に開放するのでその象徴として造った。地域の人たちと話し合いをした上で、市が決めたことには従う」と、是正に応じる意向を示している。

▲北海道新聞 2010年6月10日(木)


«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。