FC2ブログ

2020-01

二子玉川の環境破壊(2) 多摩川暫定堤防

二子玉川暫定堤防反対

■二子玉川の環境破壊(2) 多摩川暫定堤防

二子玉川南地区の多摩川の川岸では暫定堤防の建設工事が進められ、自然が破壊されている。もともと二子玉川南地区は既存堤防よりも川寄りに位置している。これは地域の住民が川べりの景観を破壊する川岸への堤防建設に反対したためである。川べりの自然環境と共存してきた二子玉川南地区であったが、国土交通省は2009年11月頃から暫定堤防の建設に着手した。

暫定堤防の建設地域は鳥獣保護区であり、「せたがや百景」に選定された松林(多摩川沿いの松林)があった。役所広司と渡辺謙が共演した映画「絆」(根岸吉太郎監督)に登場した桜も存在する。これらの貴重な自然が暫定堤防建設工事で破壊される。既に松林は伐採され、一部の樹木だけが移植された。しかし、元々の松林は樹齢百年を超える樹木が群生して根が絡み合っており、簡単に根付くものではない。

根付く前に洪水でも起きれば、水によって掘り起こされ、倒木が障害となって大きな災害を起こす危険もある。兵庫県佐用町などを襲った台風9号の豪雨水害(2009年8月)も流木が被害を拡大させた。

松の木を移植した場所は公園になる予定であるが、数日前の雨でできた水溜りが広がっていた。

暫定堤防建設のために樹木を伐採して裸地だらけになった結果、雨水浸透力が落ちている。暫定堤防が内水氾濫の危険を増大させるとの住民主張の正しさを裏付ける状況である。

暫定堤防建設は区民の憩いや遊びの場も減少させた。玉川一丁目河川広場の入口には世田谷区玉川公園管理事務所と国土交通省京浜河川事務所田園調布主張所の連名で「多摩川の河川工事に伴い、11月16日をもって閉鎖いたします」との看板が立てられていた。

この看板は手続き上の問題を示す証拠となる。世田谷区議会では議案第99号「世田谷区立身近な広場条例の一部を改正する条例」が2009年12月4日に自民党、公明党、民主党などの賛成で可決され(共産党、生活者ネットワーク、社民党などは反対)、玉川一丁目河川広場は廃止された。

廃止されるまでは玉川一丁目河川広場は広場として存在しており、行政が条例に基づかずに広場を閉鎖したことになる。これに対して区議会は広場廃止の議決で追認した。行政の暴走をチェックするのではなく、事後的にお墨付きを与える機関と成り下がったかのような区議会の議決に日本の民主主義とは何かと自問した住民も少なくない。

残された樹木には「桜や松を切るな!これ以上自然を壊すな!」の横断幕などが付けられ(写真参照)、住民側は必至の抗議活動を続けている。

▲JANJAN 2010年3月30日(火)市民記者 by 林田力(写真共に)
http://www.janjannews.jp/archives/2965799.html

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F