2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景観重要樹木に指定されたクスノキとタブノキ

20090711keikan_tree.jpg

■鹿児島市が景観重要樹木を初指定 谷山のクスノキとタブノキ

鹿児島市は10日、景観法に基づき、谷山中央1丁目の永田川沿いに立つクスノキとタブノキを景観重要樹木の第1号、第2号に指定したと発表した。指定は3日付。国土交通省によると、景観重要樹木の指定は6月1日現在、全国5市町の45件で、九州では同市が初めてという。

景観重要樹木は(1)誰でも見られる(2)地域の景観を特徴づける象徴的な存在(3)指定文化財、保存樹などでない-が主な条件。市は2008年の公募で集まった30件の中から、景観アドバイザーの意見を聞き景観審議会に諮った上で、09年2月に2件を選んだ。指定されると、所有者に維持管理が義務づけられ、せん定費用など最高で年3万円の補助が出る。

指定された2本はJR谷山駅に近い春日神社境内にある。クスノキは推定樹齢150年、高さ約20メートル、幹周りが約3.5メートル。タブノキは推定樹齢100年、高さ約15メートルで、二またになった太い方の幹回りは2メートルを超す。「単調な景観に変化を与え、かつて水田だったこの辺りの風景を思い起こさせる」と評価された。

▲南日本新聞エリアニュース 2009年7月12日(日)

写真は鹿児島市の景観重要樹木に指定されたクスノキ(左)とタブノキ=鹿児島市谷山中央1丁目の春日神社

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。