2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユネスコ「文化的景観損ねる」

■世界遺産:橋建設の独・エルベ渓谷を抹消 

090626news

スペインのセビリアからの報道によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は25日、世界遺産(文化遺産)とされていたドイツ東部の「ドレスデン・エルベ渓谷」を世界遺産リストから抹消した。世界遺産の抹消は、オマーンの動物保護区域(自然遺産)に次ぎ2件目で、文化遺産では初めて。

抹消理由は、ドレスデン市中心部から約4キロ離れたエルベ渓谷に建設中の橋が、文化的景観を損ねるとされたため。世界遺産委員会は、橋の代わりにトンネルを建設するよう勧めたが、市は費用がかさむことなどを理由に拒否していた。

市民に古都ドレスデンの世界遺産抹消を惜しむ声は強く、橋建設を非難する文化関係者も多い。一方で、地元の世論調査では、橋は市民の利便性を高めるとする意見が過半数を占めていた。ドイツは文化財行政や世界遺産の保全を州や市町村の権限としているため、連邦は橋建設に懸念を示しながらも市の決定を尊重していた。

ドレスデンのオロズ市長は「世界遺産委員会は、もう一度、登録申請する余地も認めている」としており、橋建設の正当性を今後も主張する構えでいる。

ドレスデンは、第二次世界大戦の空爆被害から復興した旧市街がエルベ川に臨む美しい都市景観で知られ、日本の旅行者にも人気が高い。

毎日新聞 2009年6月26日(金)
写真は世界遺産が取り消されるエルベ渓谷(2006.8 ロイター)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。