2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デザイン都市」として、港町らしい景観も生かす

■「デザイン都市」打ち出す神戸

 都市間競争が激しさを増すなかで、各都市のイメージ戦略が重要になってきた。神戸市が「デザイン都市」を前面に打ち出し、「水都」大阪や「源氏物語千年紀」の京都、「平城遷都1300年」の奈良に対抗し始めている。先週は神戸商工会議所が「デザイン都市」づくりの一環として、優れたデザイン製品を表彰する制度を始めると発表した。

 神商が2日発表した2009年度事業計画案によると、神戸市が昨年秋、国連教育科学文化機関(ユネスコ)から「デザイン都市」の認定を受けたのを機に顕彰制度を設ける。詳細は4月以降に詰めるが、地元のデザイナーと企業が共同開発した製品が対象という。神戸の新ブランドとして商品化・普及を目指す。25日に開く通常議員総会で事業計画案を承認する。

 神商による企業のデザイン力強化の支援はすでに始まっている。神戸を中心に活動するデザイナーのデータベースを構築し、中小企業との商談の機会を提供する「神戸デザイナーズネット」を昨年11月に創設した。工業製品やグラフィックなど幅広い分野で、約300人のデザイナーが登録している。2月6-10日には東京・新宿で、地元企業10社が開発しデザイン性を高めた新製品を紹介する「デザイン・ルネッサンス神戸」展を開いた。福祉機器メーカーはすっきりした明るいデザインが売り物の車いす利用者向け昇降機、洋菓子メーカーは歯車やスパナなど小道具の形をしたチョコレートを出品した。各社は産業デザイナーの喜多俊之氏から指導を得た。今月21、22日には神戸空港の出発ロビーでも展示会を予定している。

 神戸市は09年度一般会計当初予算案で、デザイン関連産業の育成や景観整備に取り組む「デザイン都市」関連事業に31億円を計上。国の外郭団体が所有し、昭和初期建築の重厚な外観で地域のランドマークになっている旧神戸生糸検査所を購入する方針。デザイナーの交流拠点などとして活用する計画で、09年度は調査費を計上した。ユネスコの「デザイン都市」代表者らが集まる「創造都市ネットワーク会議(仮称)」も12月に神戸で開く。
 
 ユネスコが神戸市を「デザイン都市」に認定したのは昨年10月のこと。デザイン、文学、音楽など7分野で創造性の高い都市を認定し、国際連携に取り組む「創造都市ネットワーク」の一環。デザイン分野では、名古屋市と並びアジアで初めての認定となった。港町・神戸は明治以降、西洋文化の窓口としてアパレルや洋菓子、洋家具産業などが発展してきた。神戸市の矢田立郎市長は「神戸は外来文化の窓口として、街や暮らしのデザインを発展させてきた。阪神大震災後も神戸らしさを生かして街の再生に取り組んできたことが評価されたのでは」としている。市は港から見た六甲山系の稜線(りょうせん)の景観デザインを守るため、09年度前半をメドに市街地で超高層ビルの高さも規制する方針だ。

 神戸市が「デザイン都市」のイメージ確立に躍起になる背景の1つには、関西のライバル各市の動きがある。大阪の官民は今年の夏に中之島公園などを会場に市民参加型イベントなどが中心の「水都大阪2009」を開く。実行委員会などは「水都大阪」発展のシンボル年の幕開けを告げる事業として、28日に大川沿いで「川開き式典」や「朝市&リバーマーケット」を実施する。京都では昨年、源氏物語が宮中で読まれた年から千年に当たるということで「源氏物語千年紀」と銘打ち数々のイメージ戦略を展開し観光集客に努めた。この春も引き続き、官民でつくる「源氏物語千年紀」フラワーツーリズム推進協議会が花の見ごろや花見スポットをカーナビに即時に配信するサービスを始めるなど、「源氏」のイメージを活用する。奈良でもマスコット「せんとくん」が話題を集めているうえ、来年の「平城遷都1300年祭」本番を前に今年は関連イベントが目白押しだ。

 少子高齢化、人口減少、事業所の撤退などの逆風が各都市を直撃している。こうしたなかで、人々に住みたい、働きたい、行ってみたいと思わせる魅力をいかに高めていけるかが、都市ににぎわいをもたらすカギとなる。各都市が個性を競い合うのはこれからが本番だ。

▲日経ネット関西版 2009年3月8日(日)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。