2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三渓園隣接地にマンション計画

■三渓園隣接地にマンション計画 
 町内会や観光協会が反対運動

 
 国の名勝「三渓園」(横浜市中区)の隣接地でマンション建設計画が持ち上がり、町内会や横浜本牧観光協会が「景観が害される」と反対している。両組織や地元住民の代表が16日、市に計画の撤回指導を要請した。

 デベロッパー(東京都中野区)が配布した説明書によると、予定地は同園北側に隣接する民有地(約670平方メートル)。一戸建て住宅を取り払い、二階建ての賃貸マンション(1K16戸)を建設する。建築主は土地所有者となっている。

 両組織と地元住民の代表は「蓮池の真正面にマンションが姿を現し、三渓園の景観が著しく害される」などとして先月20日、中田宏市長あてに建設反対を申し入れた。同園を管理する財団法人三渓園保勝会も同日付で「景観阻害につながる可能性が極めて高く、受け入れられない」とデベロッパーに申し入れ書を送った。

 デベロッパー側は(1)建築基準法などの法令を順守している(2)園内からの眺望や景観を損なわない配慮をする―などと断ったうえで、「建築主との工事請負契約にのっとり計画を遂行させていただく」と先月30日付で同財団に回答した。

 16日に金田孝之副市長に面会した代表十数人は「法令をクリアすればいいのであれば、横浜の宝である三渓園の周りがマンションだらけになってしまう」などと指摘。市側は「地元の意向を受け止めて、デベロッパーに直接計画を確認したい」と答えた。

 市側によれば、建設予定地は風致地区と都市計画公園地区に指定されているが、基準を満たせば建築許可を出さざるを得ないという。デベロッパーの横浜支店は「担当者が外出しているので(地元との交渉経過などについて)答えられない」としている。

▲カナロコローカルニュース 2009年2月16日(月)

トラックバック

http://no16f.blog14.fc2.com/tb.php/493-d9a479ef

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。