2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解体に揺れる旧川崎南高

■資材搬入でもみ合い
 
県が解体工事の再開を表明した旧県立川崎南高校(川崎市川崎区)で18日朝、トラックに乗せた資材を運び込もうとした県職員らと近隣住民がもみ合いになった。けが人はなかった。同校前では2月にも同様のトラブルが起きている。県は「来年3月末までに解体工事を完了したい」と話している。
午前八時ごろ、正門からトラックが入ろうとしたことに抗議する住民と県職員が押し問答に。「十分な説明がない解体工事に反対」などと訴える住民に対し、県職員は「県有地に立ち入らないで」と応じて小競り合いになる場面があった。警備員が正門を固める中、午後9時半ごろにトラックが次々と敷地に入り資材が運び込まれた。
建物を福祉・文化施設などに転用するよう求めている市民団体「川崎南高を活(い)かそう会」は20日午後1時から、正門前で抗議行動を行う予定という。

▲カナロコ神奈川新聞 2008年9月18日(金)

トラックバック

http://no16f.blog14.fc2.com/tb.php/462-9647fad0

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。