FC2ブログ

2020-01

水を生かした都市の魅力づくりや文化の創造

■河川法の緩和を受けて大阪府がオープンカフェを計画
遊歩道も水辺に


大阪府は、大阪市中之島に川辺のオープンカフェなど民間主体の集客拠点を設ける計画作りを進めている。2009年の夏までに実現したい考えだ。国から「河川敷地占用許可準則の特例措置」の適用地域として指定を受ければ、社会実験としてオープンカフェやイベント施設を川辺に常設することができる。
政府の都市再生プロジェクトに「水の都大阪再生構想」が2001年に決定して以来、大阪府は水を生かした都市の魅力の創出や文化の創造に取り組んでいる。橋下徹大阪府知事も4月9日、「水を生かした都市の魅力づくり」をテーマに関西に在住する各国の総領事と意見交換会を開くなどした。
大阪府によれば、「2009年8月から10月にかけて中之島公園や八軒家浜などで開催するイベント、水都大阪2009に合わせてオープンカフェなどを実現できれば理想的」という。イベントに呼応する形でオープンできれば、相乗効果で集客が見込めるからだ。近々、協議会の設立に向けて、河川の利用検討会を開く予定だ。

▲日経BP NET 2008年4月28日(月)

トラックバック

http://no16f.blog14.fc2.com/tb.php/436-5b64a573

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F