2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電柱撤去で景観すっきり

■電柱撤去で景観すっきり 観光客の増加を期待

鹿島市は25日、肥前浜宿地区にある酒蔵通りの景観を良くしようと電柱を一斉撤去した。
通りには酒蔵や町屋などが数多く残っており、2006年に国の重要伝統的建造物郡保存地区に選定。狭い通りに張り巡らされた電線が取り除かれ、白壁の酒蔵がすっきりと見える景観に生まれ変わった。
国交省の町並み整備保存事業の助成を受け、市が06年度から2年計画で工事を進めていた。当初は電柱埋設型の工事も検討されたが、費用が10分の1以下で済む移設工事に変更。電柱17本を通りから5メートルほど離れた学校や民家裏に移設した。工事は道路舗装など3月末まで続けられる。
4年前から市に電柱撤去を要望していた「肥前浜宿まちづくり協議会」(中村雄一郎会長)は「風景が見違えるように良くなった。観光客の増加に拍車がかかるのでは」と期待している。

▲佐賀新聞 2008年3月26日(水)

トラックバック

http://no16f.blog14.fc2.com/tb.php/429-5f866a61

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。