2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福岡住環境を守る会 北九州支部開設後、全国集会へ

■2007年 福岡・住環境をめぐる 10大ニュース

1)4月、福岡住環境を守る会結成 10月、北九州支部開設
2)7月、五十嵐(法政大学教授・弁護士)結成記念講演会開催
3)谷で2件、花畑1件、計3件のマンション計画が反対運動で建設断念
4)輝国で清水建設の日影図の誤りを見つけ、計画を白紙撤回させる
5)10月、「あきらめない対策集」「新聞報道の記録」を出版し、話題に
6)景観法や眺望に関し多くの報道がなされ、時代が変わる転換点に入る
7)愛宕浜マンション問題で市議会始まって以来の採決
8)11月、12月全国ネットワークに向け会議を開き第一歩を踏み出す
  来年5月に全国集会を予定
9)承天寺裏のマンション計画が反対運動により計画を凍結
10)福岡市では10月施行の条例で狭い道路にはマンションが建てにくくなった

◇トピックス(大企業編)
●清水建設施工の千葉のマンションが鉄筋不足 契約解除受付け開始
●ベトナムで大成建設施工の橋が落下 130人の死傷者
●竹中工務店施工の東京のマンションで鉄筋の強度不足 工事のやり直し
●積水ハウスの横浜のマンションで耐震偽装が発覚
●建材メーカー、ニチアスの製品偽造 旭化成のへーベルハウスは4万棟の無料修復
●食品偽装は社会問題 建設業界はなぜ 大問題にならない?
●三井不動産が建設中の西高宮のマンションで家屋調査書の偽受領書を作成
この事件で各市議会では各委員が鋭く追及。市は事実に反する内容や業者をかばう答弁に終始。例えば「和解した」の根拠は8人の同意だが、近隣住民だけでも20人。また「謝罪した」と説明したが、建主は出て来ず、代理人を出した。事前にすべき家屋調査も工事中にし、それを担当者の責任にした。まるで船場吉兆のパートに責任を押しつけるのと同類。せめてもの救いは、市議も市も、今の紛争予防条例は改正する必要があると明言したこと。
●遂に刊行! 自費出版本「あきらめない!マンション紛争対策集」

▲まちづくりNEWS 2007年12月17日(月)福岡・住環境を守る会

トラックバック

http://no16f.blog14.fc2.com/tb.php/415-bc3d9875

【紛争予防】の情報を最新ブログで検索してみると…

紛争予防 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。