FC2ブログ

2018-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正眼寺住職ら公害調停申し立ての次は要望書で訴える

■箱根湯本が揺れている

この数年、「滞在型リゾート地」としても注目され始めた国内屈指の温泉地・箱根の表玄関、箱根湯本がリゾートマンション問題で揺れている。小田原北条早雲の菩提寺・早雲寺(1521年建立)隣の7階建て(高さ19.97m)リゾートマンション計画の見直しを求めて、寺住職や旅館経営者ら9人が、昨年9月、公害調停を小田原簡易裁判所に申し立てた。計画地は富士箱根伊豆国立公園内の「普通地域」。「特別地域」とは違って制限が厳しいとはいえず、高さ制限が20m以下・容積率の限度は240%。建物の容積率は239.88%となっていて、基準スレスレだが、クリアしている。

しかし、早雲寺林(21,215m2)には、神奈川県内で絶滅が危惧されている箱根町の天然記念物ヒメハルゼミが生息する。建物のボリュームを抑えてほしいと環境への配慮を求めたが、今年2月、調停は不調に終わった。そして3月末、この問題に取り組む「嶺水苑跡地を考える会」の情報を発信していたホームページが、突然、閉鎖された。ホームページを運営していた計画地前の旅館経営者が、運動から離脱したからだ。3月末で廃業し建物を解体、マンション建設工事関係の駐車場として貸すことにしたのだ。これで住民側の足並みが乱れ、運動は終息へ向かっているかに思われたのだが、「嶺水苑跡地を考える会」の事務局を担う正眼寺住職の小野宗幸さん(39歳)が、地元自治会の「工事対策グループ」にも加わり、精力的に動いていた。

それもそのはず。小野さんは縁あって僧職についたが、12年前、阪神淡路大震災のボランティアとして神戸市長田区御蔵の「まちづくり協議会」の支援に関わり、市民団体「まち・コミュニケーション」を立ち上げ、共同再建住宅事業では専門家と住民をつなぐ役割を担ったというキャリアの持ち主なのだ。4月、小野さんを初め、早雲寺の千代田紹禎住職、町議会議員ら地元有志の働きかけで、湯本地域自治会連合会、地元小学校のPTA、箱根湯本温泉旅館組合など6団体が、小田原警察署長と箱根町長に対し、マンション建設工事車両の為の一方通行道路での逆送を許可しないようにと要望書を提出した。というのは、マンション建設の工事車両は4トン車の予定だったが、一方通行になっている前面道路の道幅が途中から4mに40cm足りないため、道路法により4トン車が通行できないことが判明したのだ。事業者は一方通行の逆送の許可を受けて対処しようとした。

しかし、工期は約2年半に及ぶ。地域住民の安全が脅かされる、周辺道路が渋滞し、緊急車両・観光車両などにも影響が出る、ということで要望書を提出したのだ。小田原警察署交通課は一般論として、「妥当かどうか規定にのっとり検証する。許可・不許可はケースバイケース」という。6月11日、事業者は現場に工事計画表を設置、工事車両を2トン車に変更、工期は2年に短縮した。小野さんの計算によると、1年以上にわたり1日100台以上が通行し、ピーク時の約2ヵ月間は、1日252台以上で、2分間に1台通行する交通量になる。事業者は、工事車両については今後も協議したいという内容の訪問書を近隣住民に配布している。「一方通行の逆送」がだめなら「最大時は2分間に1台」通行させるということか――。早雲寺住職、近隣の旅館経営者2人が呼びかけ人になり、「嶺水苑跡地を考える会」を改め「湯本地域の安全を守る会」を結成、近隣住民に工事協定締結は慎重にと呼びかけている。せめぎあいはこれから本格化しそうだ。

◇これまでの経緯:
2004年1月 地方職員共済組合保養所「嶺水苑」廃止
2005年6月 「嶺水苑」跡地の一般競争入札
2005年9月 現事業者に売却

2006年
2月 事業者が「開発事業指導要綱」に基づく手続きを開始
3月 「嶺水苑跡地を考える会」結成
5月 「早雲寺林」を守るための署名活動
9月 事業者が県に建築確認を申請。住民側は公害調停申立て
12月 神奈川県が建築確認を交付

2007年
2月 公害調停3回目。調停不調で終了
4月 小田原警察署長と箱根町長に対し「マンション建設工事車両の為の箱根町道41号線 一方通行道路での逆送の許可 不交付のお願い」を、湯本地域自治会連合会会長、箱根町立湯本小学校PTA会長、箱根町立湯本幼稚園父母の会会長、早雲寺世話人代表、箱根湯本観光協会会長、箱根湯本温泉旅館組合組合長が提出
6月 「湯本地域の安全を守る会」結成。

▲JANJAN 2007年6月15日(金)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。