2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧河野邸にもアスベストが

kouno.jpg


■旧河野邸解体のその後

現在はすでに建物の解体は終わっています。樹木も外塀に沿ってあるのを残すのみであとはすべて伐採され、ログが山積み状態になっていましたが、今はそれも消えて、敷地中央に異常な盛り上がり方をしている土だけが見えています。周囲の外塀はあのまま残すそうです。建物と樹木がなくなってみると塀の外からでも中身がないことがわかるのは不思議なものです。プロムナードの反対側路地からも見えているのは周囲の塀と松の木だけで同じはずなのに、敷地内になにもないことがわかります、「感じる」ということでしょうか。
3月2日に表示された「解体等の作業に関するお知らせ」を見てわかったのですが、解体した建物にはアスベストが使われていました。暴露防止・飛散防止対策を見る限りでは、袖ヶ浜の元杏雲堂病院建物よりもレベルが高かったようです。レベル3の病院建物ではビニール密封養生だけでしたが、ここの場合には負圧除塵機の設置が義務づけられています。袖ヶ浜の説明会で住民がこれを要求しました。ですが、ふれあい平塚ホスピタルから「これは必要ない」と断られました。
近隣の住民にはこれに関して事前説明はあったのでしょうか。

▲写真をクリックしてください。拡大画面で見ることができます。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。