FC2ブログ

2020-04

環境と景観に配慮をアピール

■自販機に県産のスギの囲いを 

地球温暖化防止に貢献しようと、まつえ市民環境大学村がこのほど、観光客が行き交う松江市殿町の松江城大手前駐車の飲料用自動販売機に、県産スギを使った囲いを設置した。環境と景観に配慮したまちづくりをアピールする。
囲いは屋根付き。観光客や市民が訪れる松江城の景観にマッチするよう2台分の自動販売機の3方を、素材を生かしたままスギの板で囲んだ。外部からの熱が遮断され、自販機の光熱費が減ることが期待できるという。
県が昨年度から設けた「水と緑の森づくり税」を活用した補助事業。同大学村は、光熱費の削減効果を検証した上で、県産の木材を利用した囲いを増やしていきたいとしている。

▲山陰中央新報 2007年3月13日(火)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F