FC2ブログ

2020-01

景観形成地区 町家に広がるアート空間



■町屋に広がるアート空間 龍野町・景観形成地区

古民家や蔵など城下町の風情が残る、たつの市龍野町の景観形成地区。町家や昔ながらの建物を生かしたギャラリーが相次いで開設され、創作に打ち込む作家やアーティストの活動の場が広がっている。
昨年11月、築百年の民家を改装し、オープンしたカフェギャラリー「結(ゆい)」。畳模様の土間、土壁、格子窓など、職人が丹念に仕上げ、約3年がかりで完成した。
オーナーの得平里美さん(49)は「時間と手間をかけて作り上げる過程が楽しかった。ものづくりの魅力を感じてもらえるような場所にしたい」と話す。
付近では、作家に開放する喫茶店や創作工房、ギャラリーがここ4、5年で増え、現在は約10カ所に。「サービスセンター」の名で住民に親しまれた集合店舗も2005年、展示スペースとして生まれ変わった。
ゆったりとした時の流れに包まれた町並みに、アートが新たな息吹を注ぎ込む。

▲神戸新聞 2007年2月25日(日)
写真は、砂利敷きの入り口が客を迎える、イベント時に開放される、たつの市龍野町下川原、旧サービスセンターです。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F