2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

既存施設と渡り廊下で一棟扱いする

■既存老人保健施設「湘南シルバーガーデン」とは渡り廊下でつながる
説明会で何度も、「渡り廊下で一棟扱いすることで8階建てを確保するのは違法ではないのか?」と質問が飛んだ。病院側から返ってきた応えは、「シルバーガーデンには熱源がなく、今後も病院から提供するため。違法ではない」との説明。
目下、渡り廊下の下を掘り下げており、奥の駐車場への通路を造っている。病院へクルマで来る方は、エントランスを抜け、渡り廊下をくぐって奥の駐車場に向かうことになる。
霊安室と手術室と厨房がある、建物地下部分にあるのと併せて、31台分の駐車場しか用意されていない。




写真奥に見える白い建物は仮の病院で来年1月には解体工事に入る。3月までに平地にしてマンション事業者に引き渡さないと遅延料が発生するとのことである。
解体する建物にはエレベーターホールの天井に非飛散性とはいえ「アモサイト」というアスベスト含有のスレートが使われている。周辺ではまだまだ苦難が続く。
解体後、引き続きマンションC棟建設が始まるのだが、アスベストの心配も含め、隣のガーデンヴィラ棟に入居済みの新しい住人たちが最も影響を受ける可能性について、マンション事業者はどう考えているのだろう。

▲写真をクリックしてください。拡大写真で見ることができます。
(2006年12月16日撮影)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。