2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸期の風情漂う町並みを壊すのは日本に文明がない証拠

■「古い町家を守ろう」宮崎駿監督らが基金設立

万葉の景勝地で「潮待ちの港」として栄えた広島県福山市の鞆(とも)の浦の古い町並みを守ろうと、地元の住民らが「鞆・町家エイド」基金を設立する。
江戸期から明治の建物約200棟が並び、坂本龍馬ゆかりの町家も残る。呼びかけ人には映画監督の宮崎駿さんや大林宣彦さん、作家のC・W・ニコルさんらの名も。
寄付の目標は1億円。空き家となって荒廃が進む町家などの修復に役立てる。東洋文化研究家のアレックス・カーさんは「鞆を壊すのは日本に文明がない証拠」。

▲朝日新聞 2006年10月19日(木)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。