2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茅ケ崎市のマンション建設白紙に

■富士山望む景観保全へ
茅ケ崎市の勧告受け マンション建設白紙に

茅ケ崎市中海岸4の14階建てマンション建設計画をめぐり、同市から高さや周囲の景観に配慮するよう勧告を受けていた東京都内の施工主業者が22日、建設を白紙に戻して予定地を売却したと市に通告した。24日に服部信明市長が会見して明らかにした。
市によると、売却先は東京都港区に本社があるブライダル取扱業者で、当地に地上2階、地下1階の結婚式場、レストラン、ギャラリーカフェなどの複合施設を建設予定という。
現地は民間企業が経営していた、魚市場にレストランを併設する「フィッシュセンター」跡地で、敷地面積は約2千580平方メートル。湘南海岸に面し、富士山も望める。
この地を買い取った建設業者が昨年、14階建て64戸のマンション建設計画を立ち上げたことから、景観の悪化を危惧(きぐ)する地元住民の反対運動が起きていた。
住民の声を受けた市が業者に対し、マンション構造について配慮するよう勧告する一方で、市議会の承認を得て土地自体の購入も検討したが価格面で折り合いがつかなかったという。服部市長は「共同住宅建設を予定していた事業主には、地域の実態、地域の人々の意見を聞きながら大英断をしていただいたと思う。新たな土地譲渡先の業者にも、地元の議論を聞きつつ、事業を進めていただくよう願っている」と話した。

▲中日新聞 2006年8月25日(金)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。