2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国立の大学通り 都市景観大賞を受賞

■国立の大学通り 景観維持の努力に光
都市景観大賞「美しいまちなみ優秀賞」を受賞した大学通り=国立市で

国立市の「大学通り」の沿道地区が、国土交通省が後援する「都市景観大賞・美しいまちなみ賞」(都市景観の日実行委員会主催)の「美しいまちなみ優秀賞」に輝いた。1日に千代田区平河町の砂防会館で開かれる「日本の景観を良くする国民運動推進会議全国大会」で表彰される。
大学通りは、JR国立駅から真っすぐ南に延びる幅約44メートル、長さ約1.3キロのメインストリート。同市と住民組織の「大学通り学園・住宅地区景観形成協議会」「国立駅前大学通り商店会」などが協力し、美しい景観の形成と保全に取り組んでいる。
道路両脇の緑地帯には、市民が植えた桜約200本やイチョウ約120本などがあり、四季折々の表情を見せる。これまでに「新東京百景」「環境色彩十選」などにも選ばれている。
都市景観大賞は、景観法の施行に先駆け、2001年に創設。自治体や住民組織などが協力して優れた街並みをつくる地区を表彰している。今年は全国16地区の応募があり、大賞2地区、優秀賞6地区、特別賞1地区が決まった。国交省によると、大学通り沿道地区は「緑をたたえた魅力ある都市環境。継承されていくことが好ましい」などと評価された。

▲中日新聞 2006年6月1日(木)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。