FC2ブログ

2020-01

パークイン平塚 耐震強度は基準の61%

■ホテルの耐震強度は基準の61%/平塚市が説明会

耐震強度を偽装されていたとして営業を自粛している平塚市明石町のホテル「パークイン平塚」について、近隣住民に向けた市の説明会が26日、JR平塚駅前にあるMNビル内のひらつかスカイプラザで開かれた。市と事業者側が構造計算書の精査を進めた結果、耐震強度は建築基準法で定める基準の61%。今後は、事業者側が耐震診断を行い、改修工事による耐震性確保が可能か検討を進めると説明した。
精査の方法は、日本建築センターの評定を受けた計算プログラムにより、施工図に基づく再計算まで行った。市は「震度5強程度の地震では倒壊の恐れはない」と報告。しかし、それ以上の大規模地震に対しては問題があるとした。
約30人の住民に対して市は、補強について国のガイドラインが定まっていないことなどを説明。これに対して、住民からは安心といえる対応を早期に求める声も上がった。事業者側からは「すでに耐震診断を進めている。一日も早い対応に努めている」と話した。
12月中旬を予定していた説明会が26日までずれ込んだことについて市は、すでに提出されていた事業者側の精査結果とのすり合わせに時間がかかったためとしている。

▲ カナロコローカルby神奈川新聞2005年12月26日(月)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F