2009-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユネスコ「文化的景観損ねる」

■世界遺産:橋建設の独・エルベ渓谷を抹消 

090626news

スペインのセビリアからの報道によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は25日、世界遺産(文化遺産)とされていたドイツ東部の「ドレスデン・エルベ渓谷」を世界遺産リストから抹消した。世界遺産の抹消は、オマーンの動物保護区域(自然遺産)に次ぎ2件目で、文化遺産では初めて。

抹消理由は、ドレスデン市中心部から約4キロ離れたエルベ渓谷に建設中の橋が、文化的景観を損ねるとされたため。世界遺産委員会は、橋の代わりにトンネルを建設するよう勧めたが、市は費用がかさむことなどを理由に拒否していた。

市民に古都ドレスデンの世界遺産抹消を惜しむ声は強く、橋建設を非難する文化関係者も多い。一方で、地元の世論調査では、橋は市民の利便性を高めるとする意見が過半数を占めていた。ドイツは文化財行政や世界遺産の保全を州や市町村の権限としているため、連邦は橋建設に懸念を示しながらも市の決定を尊重していた。

ドレスデンのオロズ市長は「世界遺産委員会は、もう一度、登録申請する余地も認めている」としており、橋建設の正当性を今後も主張する構えでいる。

ドレスデンは、第二次世界大戦の空爆被害から復興した旧市街がエルベ川に臨む美しい都市景観で知られ、日本の旅行者にも人気が高い。

毎日新聞 2009年6月26日(金)
写真は世界遺産が取り消されるエルベ渓谷(2006.8 ロイター)
スポンサーサイト

=応援します!パチンコ店出店計画反対運動=1万2017筆の署名

■平塚の8自治会 大型パチンコ店出店中止へ請願

090612niraku

▲朝日新聞 2009年6月12日(金)
画像をクリックすると拡大版で読むことができます。

no_pachinko

写真は駅南側西口前の通りに自治会長らが立ててまわったパチンコ店反対ののぼり旗

湿地帯には絶滅危惧種が生息 代替案を示す

■神奈川県内最大級の湿地に残土処分場建設計画

090612newspapaer

▲朝日新聞 2009年6月12日(金)
画像をクリックすると拡大版で読むことができます。

新築、高さ18メートル超禁止 地区計画でパチンコ店も禁止

■新築、高さ18メートル超禁止/栗林公園北部 地区計画でパチンコ店も禁止


高松市の都市計画審議会(会長・矢野輝男市社会福祉協議会長)が8日、市役所であり、栗林公園北部エリア(約6・5ヘクタール)で高さ18メートルを超える建造物の新築を原則禁止する地区計画案を承認した。高層建築を規制して公園からの景観を守ろうと住民団体が提案したもので、懸案だった四国管区警察局などの公有地部分(約1ヘクタール)は市が交渉をまとめた。知事同意をもって都市計画決定となる。市は6月定例議会に、建築基準法に基づく市建築条例の一部改正案を提案する。

都市計画法に基づく地区計画は、土地所有者らが街づくりの方針を定めるもので、都市計画決定を経て建築物の規制が行える。

対象エリアは、栗林公園の北に広がる中野町と亀岡町の約6・5ヘクタール(民有地4・2ヘクタール、公有地1ヘクタール、道路部分など1・3ヘクタール)。計画によると、新築する場合は高さを最高で18メートルに規制し、18メートル以上の既存建築物を建て替える場合は現在の高さを上限とする。このほか、パチンコ店やカラオケボックスなど遊興施設の出店や、屋上への広告設置なども禁止する。

市都市計画課によると、18メートルはマンションで6階建て程度。エリア内では、四国管区警察局と四国財務局(ともに中野町)がサンポート高松へ移転方針が決まっているが、跡地に建てることができるのは現庁舎の高さ以下に制限される。

この日の審議会ではほかに、丸亀町商店街G街区の再開発計画見直し案、県立中央病院が移転する朝日町1丁目の日本たばこ産業高松工場跡地の用途制限を緩和する案も承認した。

丸亀町商店街G街区の再開発事業では、再開発組合が4月に打ち出した計画の縮小見直し案を承認した。新計画では、29階建ての予定だった高層マンションを13階建てに縮小し、総事業費を約20億円削減して約170億円に抑える。同組合では今後、知事同意を得て2010年度に着工、11年度末の完成を目指す。

▲四国ニュース 四国新聞社 2009年6月9日(火)

国道134号線 県の4車線化が決まる

■国道134号線 県の4車線化が決まる


090605jurnal

期間は7月から11月:測量着手の案内を袖ヶ浜自治会で回覧

▲湘南ジャーナル 2009年6月5日(金)
画像をクリックすると拡大版で読むことができます。

財政白書:「私たちの税金は何にどう使われているのか」

■平塚の市民グループが県内初の財政白書

09041623newspaper

▲朝日新聞 2009年4月23日(木)
画像をクリックすると拡大版で読むことができます。

眺望は「生活の利益の一内容」 「高い価値ある」

■行政の施策を評価 「眺望利益」認め建築差し止め

090416newspaper

▲朝日新聞 2009年4月16日(木)
画像をクリックすると拡大版で読むことができます。

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。