FC2ブログ

2008-09

エリアマネジメント広告

■豊中市のまちづくり支援課 エリアマネジメント広告

豊中市には「まちづくり支援課」があり、まちづくりフォーラムやまちづくり実践大学、中高生のまちづくり講座などを企画実践してきています。

市民・事業者・行政が一緒になってまちづくり・産業づくりについて、議論・交流する場としての「まちづくりフォーラム」は、最新の情報を手に入れる場であるほか、活動を市内各地へ広げる場、地域間の競争意識を醸し出す場として、また、リーダー同士の交流を支援する仕組みとして重要な役割を果たしています。

2008年9月16日の第148回とよなか・まちづくりフォーラムでは、商店街のアーケードや街路灯に広告物を設置し、その広告収入をまちづくりの財源に充てる「エリアマネジメント広告」の導入が可能になってことから、エリアマネジメント広告がまちづくりにもたらす効果や連絡協議会設立の手法について学びます。

商店街のアーケードや街路灯に広告物を設置し、その広告収入をまちづくりの財源にあてる「エリアマネジメント広告」の導入は、様々な規制から困難でしたが、平成20年3月道路局長通達、同局路政課長通達が出され、商店街等のストリート広告を地域で管理し、広告収入をまちづくりの財源に充てることが可能になりました。

http://www.city.toyonaka.osaka.jp/top/bousai/machizukuri/kouza_forum/forum.html

▲豊中市まちづくり推進部まちづくり支援課 2008年9月10日(水)
スポンサーサイト



閉鎖型・要塞コミュニティ「ゲーテッドタウン」

ゲーテッドタウン

■ゲーテッドタウン 「安心」「分断」渦巻く賛否

安全・安心な住まいを求める声が高まる中で「ゲーテッド(閉鎖型=要塞の)コミュニティ」「ゲーテッドタウン」と呼ばれる大規模開発が増えてきた。敷地内には居住者と招待者以外は入れない。「子供を安心して遊ばせられる」という肯定意見の一方、周辺住民からは「地域が分断される」などの不満の声も上がっている。

セキュリティーを重視し、ゲートを設けて敷地(区画)内の出入りを制限する地域づくりは、治安が悪化した欧米で1980年代ごろから増え始めた。住宅地の周囲をぐるりと高さ2メートル以上の壁や柵で囲い、入り口を数カ所に限定し、出入りを制限するのが特徴だ。

閑静な住宅街が多い東京都世田谷区。青山学院大学の跡地(約4万9000平方メートル)に建設された積水ハウスなどの大規模マンション「東京テラス」(11棟計1036戸)は、大学の塀の形をほぼそのまま生かした。外門から共用施設に入るのにオートロック式のドア、さらにマンション棟に入るのにもオートロックの玄関。公道に面した外門は午後11時に閉鎖。その後、帰宅する住人は各戸の住戸キーで解錠して入る。2歳の女児を連れた女性は「広く緑が多い。外から入ってくる人がいないので、子供を遊ばせても安心」と笑顔で話す。

セコムホームライフと平和不動産は、同区内の公社跡地約1万5500平方メートルに「グローリオ蘆花公園」(9棟計363戸)を建設中だ。5~12階建ての独立した建物を配置。外周の壁にはセンサーを通し、敷地内には防犯カメラ約120台を設置するなど、セコムの最新セキュリティーシステムを完備する。

三井不動産レジデンシャルが東京都渋谷区広尾の病院所有地(2万9000平方メートル)に建設中なのは、ゲートセキュリティー型マンション「広尾ガーデンフォレスト」(8棟670戸)。外門では住人以外の訪問者にガードマンが訪問の真偽を確認。本物の訪問者には当日だけ有効のキーを渡すシステムだ。

こうしたセキュリティー重視の要塞型マンションや戸建て団地開発に対し、周辺住民は複雑だ。「高級感がある」という声もあるが、グローリオ蘆花公園の周辺住民は「芦花住宅跡地周辺の環境を守る会」を結成し、建設に反対している。会員は「公社時代は自由に出入りできたし、通り抜けもできた。子供を遊ばせる近所の人もいた」と自宅横に「閉鎖空間」が現れることに反発をあらわにする。

ゲーテッドタウンへの反対運動が数件ある世田谷区の中杉和明・都市計画課長は「新住民と旧住民を隔て、地域を分断するような建物が増えるのは好ましくはないが、規制する法律がないので、開発者に地元住民との話し合いを促すことしかできない」と打ち明ける。

◇内も外も安全に

立正大学の小宮信夫教授(犯罪社会学)の話「犯罪は入りやすく見えにくい場所に起こる。ゲーテッドタウンは内部の安全性が一時的に高まるが、塀の外周部は逆に人の目が行き届かなくなり、危険性が高まる。内部の住人も犯罪性を呼び覚まされることがあるので、住人同士いつもふれ合い<見える>関係になることが必要だ。内部で育った子供は外部の子に比べ、防衛能力の開発を怠りがちで、外に出たときに犯罪被害に遭いやすい。タウン内で教育や通院、買い物など全生活が完結することはあり得ず、外部の人を中に入れるか、自分たちが外に出るかしないと生活は成り立たない。結局、内も外も安全な場所にする以外に真の安全は成り立たない」

▲産経ニュース 2008年9月1日(月)

写真は、日本初の本格的ゲーテッドタウン「グローリオ蘆花公園」の完成模型。周囲をセンサー付きの塀で守る=東京都世田谷区

大型マンションに強い長谷工の営業利益67%減少

■建設準大手・中堅12社、7社の営業損益悪化
4―6月、マンション低迷


総合建設(ゼネコン)準大手・中堅12社の2008年4―6月期の連結決算は、7社の営業損益が前年同期と比べて悪化した。マンション販売の低迷や官公庁工事の減少など厳しい受注環境を反映して9社が減収。資材高も収益圧迫要因となった。単独受注高は10社が前年同期比で減った。
建設業は年度末にあたる1―3月期に工事の完成が集中するため4―6月期の売上高が少なく、営業損益も赤字になりやすい。2008年4―6月期は12社中8社が営業赤字だった。
営業損益の悪化が目立ったのは長谷工コーポレーションと三井住友建設。長谷工は営業利益が67%減少、三井住友建は営業赤字幅が前年同期に比べて28億円拡大し、32億円の赤字となった。両社とも大型マンション工事に強みを持つが、マンション販売の低迷や資材高の影響を受けたもの。

▲日本経済新聞 2008年8月14日(木)

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F