FC2ブログ

2006-03

マンションの高さ是正を勧告

■ 茅ヶ崎市 建物の高さ是正を業者に勧告
■ まちづくり基本計画案 逗子市議会が否決




▲ 朝日新聞 2006年2月10日(金)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。
スポンサーサイト



買収はマンション建設中止の方策のひとつ

■茅ヶ崎市長 建築業者の本社を訪れマンション建設中止を要請




▲朝日新聞 2006年2月7日(火)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

高度地区指定 3月には素案を策定

■ 12月定例議会にて早期の「高度地区指定」求める




▲ひらつか議会だより 2006年1月29日(日)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

よこはま協働の森基金

■宅地開発計画 金沢区の斜面地 「協働の森基金」で取得へ

横浜市は、本年度創設した「よこはま協働の森基金」で、宅地開発が計画されていた金沢区六浦から東朝比奈一にまたがる斜面地(約2千3百平方メートル)を買い取る方針を固めた。取得額は約3千410万円で、基金制度に基づき一割を地元自治会が負担する。同基金での買い取りは初めて。この斜面地をめぐっては許可手続きに不備があったとして、市が業者に工事中止を指導するなど問題となり、住民からは緑地保全を求める声が上がっていた。 
斜面地は市内の建設会社が取得して昨年、数戸の住宅建設を予定。しかし春にはヤマザクラが咲く緑地で、周辺住民から保全を求める声が上がったほか、急な斜面地の開発に安全面の不安を訴える住民もいた。
特に、新たな米軍住宅の建設で緑地が開発されることになっている「池子住宅地区」からわずか5百メートルほどの距離で、地元の湘南八景自治会が「これ以上緑が失われてほしくない」と市と相談。買い取り額の一割(341万円)を捻出(ねんしゅつ)して、基金を利用することを決めた。
この土地をめぐっては、実際には都市計画法の開発許可手続きが必要だったのに、業者が開発面積を少なく報告して市から宅地造成許可を得ていたことが分かり、市が業者を指導し工事が中断されていた。
同基金は市が本年度、1億円を積み立てて創設し、新年度予算案でもさらに1億円積み立てる予定。住宅地に近い身近な緑地保全が目的で、対象は1千-5千平方メートル程度の小規模樹林地。買い取り額の一割以上を市民が集めることや、維持管理を市民が行うことなどが基金の利用条件。基金には一般の寄付も募っているが、思うように集まっていない。

▲東京新聞 2006年1月27日(金)

気球を揚げて眺望景観への影響を検証

■気球でマンション建設による景観を調査/茅ケ崎

茅ケ崎海岸の近隣に高層マンションの建設が計画されている問題で、茅ケ崎市と同市景観まちづくり審議会(卯月盛夫会長)は25日、建設予定地に隣接する市有地(同市中海岸)で、マンションの予定の高さまで気球を揚げて、周辺からの眺望景観への影響を検証する実験を行った。
同問題では建設予定地を含んだ風景が「関東の富士見百景」に選ばれるなど景観への影響が懸念されている。マンションは高さ約45メートルの計画。高さやボリュームを気球の位置で再現し、より正確に景観への影響を検証しようという狙い。
調査を行った早稲田大学芸術学校都市デザイン科教授の卯月会長によると、同様の検証実験は京都府宇治市の平等院周辺でのマンション建設問題でも行われたが、全国的にはまだ珍しいという。
当日は風の影響をみながら、敷地の四隅から4つの気球(直径約2.5メートル)を揚げた。高さを45メートル、30メートル、15メートルの3段階で変えながら、周辺の計10カ所から写真を撮影。富士山の見え方や背景の山並みへの影響、近隣の施設との調和などを確認した。
突然の気球に通りかかった同市南湖の主婦(59)は「大きさを実感した。浜辺にこんな大きな建物が建つのはおっかない」と驚いた様子だった。今後、同市、業者、審議会の3者協議などで景観との調和について話し合う予定という。

▲ カナロコローカルby神奈川新聞 2006年1月25日(水)

まちづくりの主人公は市民 都市計画部職員に異例の指示

■古都保存法違反で業者を指名停止処分 鎌倉市




▲朝日新聞 2006年1月21日(土)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

マンション用地を市が取得する請願

■ マンション用地を茅ヶ崎市が取得する請願を市議会に提出
特定の居住者のみのマンション建設で「景観資源」が損なわれ、市民、産業界などに大きな損失を与える。




▲朝日新聞 2006年1月21日(土)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

2月1日から景観計画を施行

■景観のルール全国に先駆け 小田原市




▲タウンニュース小田原版 2006年1月21日(土)
記事をクリックして下さい。拡大版で読むことができます。

街の原風景が消えゆく 平塚市馬入

■景観ぶち壊す開発 海岸は私たちの財産




1.21news.jpg


▲湘南新聞 2006年1月21日(土)
記事はこちらで読むことができます。クリックして下さい。
http://www.scn-net.ne.jp/~shonan-n/news/060121/060121.html

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F