FC2ブログ

2005-07

西側生垣に立入禁止のテープ

■4月19日 いよいよ重機が動いた
騒音・振動測定器の針が大きく振れ出す。

■4月22日
病院跡地の西側生垣に「立入禁止」と書かれた黄色いテープがぐるり巻かれる。
騒音・振動測定器が一カ所にしかないことを指摘すると、解体工事が多くて測定器が間に合わない、目下捜しているので待って欲しいとのことである(淺沼組)。


stop.jpg


▲上の写真は西側生垣に張られたテープ ▼下の写真は解体により樹木伐採中の光景


blackpine.jpg

スポンサーサイト



ホスピタルとシルバーガーデン



photsilver.jpg


4月からふれあいグループ康心会のものとなった湘南シルバーガーデンでは、利用者への実質的値上げとサービスの低下について説明がなされた。ホスピタルの工事が2年間凍結されるという噂については、じきに壊されるようだが、一部は残して病院を続けるようであることが職員の口から漏れる。また、湘南シルバーガーデンを売り渡す理由として元の持ち主である佐々木研究所から利用者に説明があった、利益を上げるためには老人保健施設を病院一体型にするというのも、実はやめになったことが明かされる。
「利用者になにかあったら茅ヶ崎の病院に行かせたいらしいですけど、私たちは嫌なんです。利用者の方にどこを選ぶかは決めてもらうことにするつもりです」(職員の説明)
ふれあいホスピタルでは引き続いての患者に対して前のカルテがないと言って新患として扱っているそうだが、警備員によれば、実際にはカルテは倉庫に埋まっているそうである。

白いフェンスに囲まれた病院跡地




■4月16日 所々メッシュ入りの白いフェンスが取り囲む
元看護師寮の解体工事が静かに進む平塚袖ヶ浜計画の敷地はすっかりフェンスで囲われた。表通り、湘南なぎさプロムナードの東側も南側に続き通行止め。今日は解体現場から出た産廃物を運び出す大型車が霊柩車のごとく身を潜めて東側出口に向かった。

▼下の写真はフェンスに囲まれる前の南側道路の風景







三菱地所新聞広告 知恵あるみらいマンション




■環境:敷地の約42%を緑化し、建物も環境を配慮して設計 by 三菱地所
■LOHAS:Lifestyles Of Health And Sustainability
ロハスとは「人と地球にとって、健康で持続可能なライフスタイル」の総称で、1998 年米国の社会学者ポール・レイらが行った全米15万人を対象とした価値観調査により、その存在が公表された。快適に暮らしたいという欲求=エゴと、地球社会における環境との共生=エコを両立させながら、新しい生活文化を創造していく。そんなロハスを実践する人たちが米国では都市生活者を中心に約6000万人いると言われている。

▲朝日新聞 2005年4月15日(金)掲載の広告より


袖ヶ浜高層マンション建設問題




▲湘南ホームジャーナル 2005年4月15日(金)
記事はこちらで読むことができます。クリックして下さい。また画像をクリックすると
拡大画面で見ることができます。
http://www.scn-net.ne.jp/%7Ejournal/05_4_15_kiji_c1.htm

解体現場に重機が入る

■4月11日 解体現場に重機が入る
6日から始まった看護師寮解体工事の動き
今日から重機が入って、足場を取り付ける作業を下請けの解体業者 田中工務店が行っている。粉塵や騒音を軽減するフェンスも取り付ける。
建設現場の周囲に携帯電話の番号が張り出されている国際警備の警備員によると、アスベストは使われていなかったそうである。なんでも昭和35年以降に立て替えをやっており、建物は新しいとのこと。
また、13日から病院の入口が西側に代わり、作業車や重機は東の正門から出入りする。
解体工事における、粉塵、騒音、苦情はなんであれ、国際警備の方が処理をする。
苦情が出たらすぐに工事を止めると言っている。


juki.jpg


▲上の写真は重機の姿 ▼下の写真は病院の正門だった東門の現状と西門への案内図


entrance1.jpg


entrance3.jpg

«  | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

湘南なぎさプロムナードの環境を守る会

no16F no10F